代表メッセージ

当社は「MROCシステム」、「予約システム」、「EC」の3領域でサービスを提供するテクノロジーカンパニーです。

マーケティングとテクノロジーは今や融合し、新しい時代に差しかかろうとしています。
例えば、顧客の気持ちを知る、商品を開発する、広告を出稿する、効果を測定・検証するなどあらゆるマーケティングシーンにおいて、テクノロジーに対する深い理解は欠かすことはできません。

当社が提供するソリューションはマーケティング、共創コミュニティ、インサイトリサーチ、デジタル広告、データ解析など多岐にわたります。時にはMROC・共創リサーチを活用して消費者インサイトを探り、またある時には顧客データベースを構築してCRMまで包括的にご提案することもあります。お客様のマーケティング課題と真摯に向き合い、適切なデジタルソリューションをご提案します。

「最先端の技術を駆使したNo.1サービスを適正価格でご提供する」

当社が新たなソリューション・サービスを開発する時には、常に新しい技術を研究しクラウドコンピューティング、ソーシャルテクノロジー、大量負荷分散技術、セキュリティなど最先端技術の導入を積極的に推進しています。「新しい技術だから多額の投資が必要である」というのはロジック的には正しいのですが、これでは一番手の導入企業がリスクを負うことになり業界全体に技術の普及を遅らせることになります。当社は、先端技術の開発・導入リスクを分析しリスクをヘッジするノウハウを持っており、新技術を駆使したサービスを高品質で実用化し、リーズナブルな価格でASP商品化することでお客様の課題解決に寄与します。これまで、Real Insight、CORES、RESERVAといったASP型・SaaS型のマーケティングサービスを世に送り出してきました。

「デジタルエージェンシーとしての強みを明確にする」

当社は、デジタルエージェンシーとしてデジタル広告を取り扱っており、とりわけ運用型広告を主力サービスと位置付けています。運用力次第では、少ない投資で大きな成果を得ることができるので、数年で中小企業・個人事業主にもデジタル広告が一気に普及し一般化していくと私たちは考えています。
今、デジタル広告は大きな変革期を迎えており、消費者(一個人)を驚くほど精緻にターゲティングできるようになりつつあります。2000年代前半に始まった検索エンジンの検索結果に広告を表示することが最も原始的なターゲティング広告ですが、その後cookie情報やタグを用いてロングスパンでの行動データ取得によるターゲティングの実用化が進みリターゲティング広告として発展し、2010年代前半に一世を風靡しました。現在は、インターネット上の行動データと消費者の実購買データや属性データを統合することで、シングルソースで消費者(一個人)の嗜好を正確に把握してターゲティングすることができるようになり、加えて、iBeaconやスマホの位置データをオーバーラップさせることによるロケーションターゲティングの技術も実用化されています。

このように、ターゲティング技術の発展は目覚ましいものがありテクノロジーへの注目度は高まるばかりです。しかし、重要なポイントとして、検索データ、cookieの取得、各種データの統合・分析など、より高度な人の手がかかる運用ノウハウが求められているということを認識しなくてはいけません。

私たちは「ターゲティングの精度が高まる」ということは、より広告出稿に対しての成果目標が求められるものと認識しています。運用型広告は「出稿して終わり」ではなく、出稿=始まりであり、私たちはその運用結果に責任を持ち、成果を可視化する必要があると認識しています。当社は独自の統合管理プラットフォームを保有し、そのプラットフォーム内に蓄積されたデータを分析しそこからクリエイティブや文言の改善や出稿先メディアなどの提案を行い、お客様のビジネス成長に長期コミットしてまいります。

コントロールテクノロジーはこれからもお客様の事業発展に寄与できるよう、技術の研鑽に努めてまいります。



代表取締役 谷本 秀一