news

【2015年11月11日開催】共創型UXで創る新しいユーザーコミュニケーションのカタチ ~UXリサーチの活かし方・事例~

共創コミュニティサービスを提供する株式会社コントロールテクノロジーは、株式会社日本リサーチセンターおよびクリエイティブサーベイ株式会社と共同で「共創型UXで創る新しいユーザーコミュニケーションのカタチ〜UXリサーチの活かし方・事例~」についてのセミナーを開催します。

昨今、企業側からの積極的な働きかけによりユーザーとの「共創」活動がますます盛んになっており、商品・サービスの開発においてUX(ユーザー体験)を重要視する傾向が高まっています。ユーザーの要望やインサイト(心の声)を元にした商品・サービス開発を行い、感動的なUXを提供するためには「UXリサーチ」は今や欠かせない企業活動です。最近では、共創コミュニティやMROCなどのオンラインツールを活用した「UXリサーチ」も積極的に活用されています。

セミナーでは株式会社リクルートテクノロジーズの坂本千映子氏を招いて、事業会社における最新のUXリサーチ活用事例を発表いただくとともに、ユーザーエクスペリエンスデザイン(UXD)とマーケティングリサーチを掛け合わせ、ユーザー体験から新しい価値を拓き導く「UXリサーチ」について、さまざまな視点から情報提供をして参ります。

共創型UXで創る新しいユーザーコミュニケーションのカタチ
~UXリサーチの活かし方・事例~

開催概要

日時:2015年11月11日(水) 15:00~17:30  (受付14:30開始予定)
会場:日本リサーチセンター 1Fホール (東京都中央区日本橋本町2-7-1 NOF日本橋本町ビル)
定員:50名※応募多数の場合は抽選になりますのでご了承ください
参加料:無料 (受付時に名刺を2枚提示お願いします。)
主催:株式会社日本リサーチセンター、株式会社コントロールテクノロジー、クリエイティブサーベイ株式会社
開催挨拶:株式会社コントロールテクノロジー 代表取締役 谷本 秀一 氏

第一部:15:00〜15:45
リクルート式サービス開発 カスタマーの本音×人工知能

「赤すぐ」や「雪マジ」など、リクルートのサービス開発にUXがどう活かされているのか、豊富な事例を紹介します。仕組み作りや体制構築の裏側についてもご紹介します。仕組みの部分では、共創コミュニティのメリットやデメリット、活用するうえでのポイントに加え、現在取り組んでいる「共創コミュニティ×ビッグデータ」のリクルート独自基盤を活用したUXリサーチの可能性をお伝えします。

株式会社リクルートテクノロジーズ
サービスデザイン部 マーケティングリサーチグループ グループマネージャー 坂本 千映子 氏
2007年リクルート中途入社。短納期開発スキームを活用した新規サービスの立ち上げに従事した後、UX・Webマーケ領域にてR&Dを担当。MROCに着目し、2011年よりリクルートのサービスへの実装を手掛ける。MROCとビッグデータ、人工知能ロジックを組み合わせたリサーチ基盤を構築し、リクルートグループ全体の表彰制度ARINA受賞。

第二部:15:45〜16:25
「初めの一歩から実践まで」早わかり「UXリサーチ」

「”ユーザー体験”や”ユーザージャーニマップ”という言葉をよく耳にするが、どのようなものかわからない」あるいは、「商品・サービス開発プロセスにUXリサーチをどう組み込めばよいかわからない」という方に向けて、従来のリサーチ手法との違いや、その具体的な方法論までをコンパクトにご説明します。

株式会社日本リサーチセンター
イノベーションラボ シニアリサーチャー 小口 裕 氏
商社・電機メーカー・コンサルティング業界で、エネルギー・情報システム・都市開発など幅広い領域における新事業開発や営業開発を手掛ける。2008年に日本リサーチセンターに入社。2012年から千葉工業大学 工学部 安藤研究室と共同でUXデザインとマーケティング・リサーチを組み合わせた「UXリサーチ」の研究/事業開発プロジェクトを推進している。

第三部:16:35〜17:15
アンケートコミュニケーションでユーザーを知り共感を生む

顧客会員が多数にわたりCRMにて管理されている中、会員はいるけどあまりアクションをしていない、アンケートをうまく活用しきれていない、方に向けて、単なるアンケートではなく、自社顧客とのコミュニケーションをしながら意見を拾い改善プロセスへつなげていくセルフアンケートツールの事例を紹介します。

クリエイティブサーベイ株式会社
代表取締役 田口 亮 氏
ウェブデザインを手がけるフォーデジットにて数多くの大手ウェブデザインからウェブサービス・アプリなどを担当する。2011年からフォーデジットデザインの代表取締役、同時に、見た目の個人的な印象が判断に大きく左右されてしまうデザイン面の調査を行うデザインリサーチを開始。2014年リサーチツール・アンケートシステムとして「クリエイティブサーベイ」を開始、ウェブサービスとして展開している。

第四部:17:15〜17:30
質疑応答

これまでの登壇者に対する質疑応答になります。

応募受付ページ

セミナーのお申し込みは、下記URLよりお願い申し上げます。
http://www.nrc.co.jp/news/151021.html