news

RESERVAが、無料で利用できる「民泊予約管理システム」を提供開始

予約管理システム「RESERVA(レゼルバ)」を展開する株式会社コントロールテクノロジーは、無料で使える「民泊予約管理システム(β版)」を2018年3月6日から提供開始しました。

RESERVAは、PC、スマホ、タブレットなどマルチデバイスに対応し、誰でも簡単に使える「無料」のオンライン予約管理システムとして、既に63,000の事業者、官公庁、公共施設に導入されています。

新たにリリースした「民泊予約管理システム」は、初期費用0円、月額費用0円の完全無料で、10分ほどの設定時間で宿泊予約システムを導入することができます。オンライン予約受付、キャンセル処理、宿泊者データ管理、部屋在庫管理など民泊運営に必要な機能のみならず、蓄積された顧客データを活用したターゲットメール配信などの各種マーケティング機能も豊富に用意されています。さらに、どなたでも直感的に使えるようユーザビリティを高めシンプルな操作性を実現しています。

民泊予約サイトのサンプルページ
https://reserva.be/shukuhakusample01

RESERVA「民泊専用予約管理システム」の導入メリット

  1. 「無料」で高機能な宿泊者予約管理システムが導入できる
  2. 施設運営の効率性を向上できる
  3. 1部屋から導入・運用でき、民泊予約受付のオペレーションが効率化できる
  4. リアルタイプかつ自動で在庫管理が行われるため、稼働率を高められる
  5. いつでもリアルタイムで予約状況を確認できる
  6. SaaS型なので、常に新機能が追加され、最新セキュリティに自動更新される

利用開始登録ページ

https://reserva.be

民泊予約サイトのサンプルページ

https://reserva.be/shukuhakusample01

RESERVA「民泊専用予約管理システム」の機能特徴

  1. 予約管理機能:管理者は、簡単にストレスなく予約管理が可能
  2. レスポンシブ機能:スマートフォン、タブレット、PCに対応したレスポンシブデザイン
  3. 予約受付機能:分かりやすいUIを実現し、宿泊客は直感的な操作で予約が可能
  4. 顧客管理機能:宿泊顧客や宿泊履歴を一元管理。リピート促進のメルマガ配信が可能
  5. 料金設定機能:部屋タイプごと、日ごとの料金設定、追加人数料金設定など複雑な料金設定もフレキシブルに設定管理が可能
  6. 情報分析機能:予約件数をビジュアル化し滞在状況の全体像をリアルタイムで把握可能

対象施設

民泊施設、100室以下の民宿・ペンションなどの簡易宿所、グランピング、キャンプ場(サイト、バンガロー)などの宿泊施設が主たる対象となります。

100室以上の大規模ホテル向けの宿泊予約管理システムは2018年6月にリリース予定です。